北九州の本格つけ麺!フジヤマ55
フジヤマ55へ行って来た。

s-フジヤマ外見CIMG6129

このお店は、サービス満点であれやこれやと

突っ込みどころ満載だった。


s-フジヤマ店内CIMG6113

店内は、細長くカウンター席が主だ。

s-フジヤマ券売機CIMG6110

さて、券売機を見ると、つけ麺が6種類!

魚介豚骨、味噌、ゴマ、カルボラーナ、辛辛韓国、黒マー油!

チョット変わったカルボラーナつけ麺を選択!

食券を手渡すと、質問攻めに遭う!

ご飯がサービスで付きますが?
麺の量は無料で大盛りに出来ますが?
麺は温かいのと冷たいのどちらにしますか?

s-フジヤマお知らせ2CIMG6120

なるほど、色んなサービスが有るな!

先ず、つけ麺にご飯は似合わないと思い、ご飯のサービスを断った。

後で思いついたのだが、テーブルに有る電磁調理器を見て

雑炊にする事も出来たのだ、残念だった。

s-フジヤマ麺の量CIMG6111

麺を大盛りにするか聞かれて、

『大盛りの麺の量はどれ位ですか?』
『大盛りは500gで、普通盛りは350gです。』

大盛り500gと聞いてビビってしまい、普通盛りで注文!

でも説明文を見ると、大盛り315g(500g)と書いてある。

( )内は茹であがりの量だそうだ。

では、元勲なんかで謳ってる200g、250g、300gはどちらなんだろうか?

それにしても、フジヤマ盛りやエベレスト盛りが気になるな!

s-フジヤマ玉子CIMG6122

玉子の無料サービスは、セルフで取るんだ。

玉子かけご飯も出来たなと、ご飯を断った事を益々悔やむ!

s-フジヤマ惣菜CIMG6121

漬物なんかのトッピングバーもあるぞ。

s-フジヤマ卓上CIMG6115

卓上の薬味は、豊富で至れり尽くせりのサービスだ。
 
s-フジヤマCIMG6123

さあ、やって来たカルボラーナつけ麺@820円!

s-フジヤマタレCIMG6126

つけダレからは、イタリアンな香りが!

玉子の黄身が落としてある。

s-フジヤマ麺CIMG6124

麺は、あれ??350gにしては少ないな!

しまった、大盛りにすべきだった。

でも、麺の量の呼びかた、JAS規格でも何でも良いから

統一してくれないかな?

s-フジヤマ麺2CIMG6127

麺は、あつもりでお願いしたら、お湯が張ってあった。

でも、最後までアツアツで食べる事が出来た。

s-フジヤマ4CIMG6128

麺のモチモチ感が印象的で美味しい。

味的には、まさにスパゲティやね!

つけ麺は、色んな味が楽しめて良いね!


福岡県北九州市小倉北区馬借1-4-10

店休日は不定休

ランキングに参加しています。
クリックお願いします。 
  ↓  ↓

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
にほんブログ村


フジヤマ55 小倉旦過店つけ麺 / 旦過駅平和通駅小倉駅


関連記事
スポンサーサイト
テーマ:つけ麺
ジャンル:グルメ
コメント
今日はお店の悪口に見えたのでここには行きません。ありがとうございました。
2012/08/19(Sun) 23:22 | URL | へー | 【編集
目覚めて拝見して記事の内容に全然関係のないコメントを
してしまっているのに気づいて反省しています。
酔って人様のブログにコメントするものではないなと反省しています。
できれば昨夜のコメントを削除してくれると助かります。
それではよろしくお願いします。
2012/08/20(Mon) 07:19 | URL | 朝の通りすがり | 【編集
朝の通りすがりさん
削除するんですか?
凄く参考になるコメントなんですが残念です。
でも、私も昔、焼酎の一升瓶をラッパ飲みしながらエクセルの関数と格闘してました。
あの頃は、飲んでも飲んでも目が冴えましたね。
今は、眠気が先ですね。
2012/08/20(Mon) 18:00 | URL | イナッキー | 【編集
へーさん
いえいえ悪口ではないのです。
色んなサービスが有る事を言いたかったのです。
麺の量の表現方法は、私が行ったところは違ったので!
悪口に聞こえて申し訳ありませんでした。
文章の表現は難しいですね!
2012/08/20(Mon) 18:05 | URL | イナッキー | 【編集
おいしそう!これを読んで行きたくなりました。
2013/07/28(Sun) 09:58 | URL |  | 【編集
名無しさん
コメント有難うございます。
ここは、色んなサービス満載ですので大いにサービスの恩恵を受けて下さい。
2013/07/28(Sun) 16:18 | URL | イナッキー | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック